真性包茎で20歳過ぎで童貞だった僕がきれいなお姉さんと初セックスした話

僕が童貞を卒業したのは、専門学校を卒業して働き始めて1年目のときでした。

僕はそれまで女の人と付き合ったことがありませんでした。それには訳がありました。

高校の時に初めて気づいた「真性包茎」

「包茎」だったのです。しかも、それは勃起しても皮がつっぱって剥けない「真性包茎」だったのです。

高校の時にそれに気づいていましたが、手術する金もなく、地方に住んでいたので、そのままにしていました。

包茎手術もしたいけど、まず女性とエッチなことがしたい

上京して専門学校に通うようになってからも、アルバイトで生活費を稼ぐのが精いっぱいで、手術をすることができませんでした。

卒業して就職した後、僕は手術をしたいと思いました。

そしてその前に、それまでしたことがなかった女性とのエッチがしてみたいと思いました。

出会い系サイトで優しい年上女性を探すことにした

そこで、出会い系サイトを利用しました。

僕が使ったのはPCMAXR18

優しい人がタイプだったので、そのようにメッセージに書くと、何人かから連絡があり、そのうちのAさんという30歳の人妻さんとやり取りするようになりました。

最初に「包茎」をカミングアウトした

僕が正直に「実は包茎で悩んでいて」と告げると、Aさんは「気にしなくていいよ。手術すれば治るんだから」と返してきました。

以前、看護師をしていたというAさんはとても優しく、気の付く人で、僕は会ってみたいと思いました。

緊張と興奮の初体験!

Aさんには子どもがおらず、旦那さんも単身赴任中とのことでした。

住んでいる地域が近かったこともあり、Aさんが僕のアパートに来てくれることになりました。

主婦が自分のアパートにいる現実に興奮

その日、土曜日の昼前でしたが、玄関に現れたあや子さんを見て、僕は興奮しました。

どこにでもいる普通の主婦という感じでしたが、これからこの人とエッチするのかと思うと、もうそれだけで勃起してしまいました。

初めて会ったのに前から知り合いだったかのように打ち解けられた

その時、Aさんは、パスタとサラダをつくってくれました。とても美味しかったです。

そして、僕がいれたコーヒーを飲みながら、色々と話しました。

Aさんは、とても聞き上手で、僕の話を聴いてくれました。初めて会ったのに、ずいぶん以前から知っているような感覚になりました。

ボッキした包茎ちんこをみせる

その後、一緒にシャワーを浴びることになりましたが、服を脱いだときから既に僕のチンポは勃起していました。

もちろん皮をかぶったままです。

Aさんは、しげしげと見て、「こうなってるんだ」と言い、指でつんとつついた後、「でも、おっきいよ。もったいない」と言いました。

初めての女性の身体に大興奮

狭い浴室で一緒にシャワーを浴びました。

僕は初めて目の当たりにする女性の裸に興奮し、Aさんの体を触りまくりました。

柔らかいおっぱい、むちむちしたお尻、そして、毛がふさふさしたあそこと。Aさんはどこを触ってもビクビクと体を反応させていやらしい声を出していました。

夢だったおっぱい舐め

体を拭くと、キスをしながらベッドまで行きました。もう、二人ともかなりの興奮状態でした。

僕は夢にまで見たおっぱいを舐めました。

すでに乳首はコリコリに硬くなっており、舐めたりいじったりすると、Aさんは大げさなほど感じました。

さらに、しげみをかき分け、あそこに指を這わせると、すっかりヌルヌルでした。

包茎ちんこを優しく舐めるAさんに感動

その後、シックスナインになって舐め合いました。

あや子さんは、僕の皮のかぶったままのチンポをていねいに舐めてくれました。

僕は感動して、あや子さんの敏感で濡れやすいオマンコをいっぱい舐めてあげました。

挿入ではなく、素股でフィニッシュ

そして、挿入……という風にいけばいいのですが、真正包茎ですから挿入はできません。

僕はAさんの上に乗っかり、チンポをオマンコにこすりつけました。いわゆる「素股」です。

Aんは「いいよ、気持ちいいよ」と言って僕の背中をせわしなくさすって感じていました。

Aさんと次こそ挿入すると約束した

やがてあや子さんのオマンコの上に射精しました。とても気持ちよかったです。

その後も何回も素股で逝きました。最後に逝ったとき、Aさんが、「ねえ、次は、入れられたい」と言いました。僕は決心しました。

Aさんと会った4日後には手術をした

Aさんと会った翌日、包茎専門のクリニックに行き、3日後に手術することになりました。

費用も安く、手術も簡単で、僕は、なぜもっと早く決断しなかったか、後悔しました。

無事に手術は終わり、それから3週間後、Aさんが再び、アパートに来ました。

前回の何十倍もフェラチオが気持ち良すぎる

勃起したチンポに顔を近づけて見ながら、Aさんは「手術痕とか、わからないね」と言っていましたが、いきなりカポッとくわえてきました。

そして、いやらしいフェラが始まりました。

ずっと皮に守られていたピンク色の亀頭の感度はびっくりするぐらいに良く、僕は「アンアン」言いながら感じてしまいました。

ついに童貞を卒業!

「ねえ、欲しい……」とAさんは言い、ショーツを脱いでベッドに仰向けになり、がに股で脚を開いて、濡れたあそこを指で開いてきました。

僕も興奮しながら、あや子さんに覆いかぶさり、あや子さんに導かれるままに、チンポをオマンコにあてがい、ゆっくりと腰を沈めました。

「ああっ、すごい……」。あや子さんの息苦しいような声が今でも思い出されます。

初めての挿入が気持ち良過ぎてびっくりした

何と表現したらいいでしょうか。「天国、極楽」という感じでした。

女性のオマンコってこんなに気持ちいいのかという感動を覚えながら、僕はゆっくりと小さく腰を動かしていました。

ガンガン突くと気持ちよすぎてすぐに逝ってしまうと思ったからです。

1度目はあっけなく発射。そのまま抜かずの2回線へ

でも、Aさんが、「欲しかったの……だってマサト君の、大きいし、固いし」と口走ったのに興奮した僕は、はからずも射精してしまいました。

それでもAさんは僕の頭を撫でてくれながら、「抜かないでもう一度、逝くまで突いて」と言ってくれました。言われる通りに僕はしました。

今度は余裕をもって腰を大胆に動かせました。

女性を逝かせる喜びを知った

Aさんは、涙を流しながら感じていました。そして、体をのけぞらせて逝ってもいました。

僕は、自分のチンポで女性を逝かせられたということに興奮し、感動していました。まるでAV男優になったようで誇らしかったです。

いまでもAさんと会ってます

今も、あや子さんとは最高のセフレの関係を続けています。

こんなことになるなら、もっと早く手術しとけば良かったと思う今日この頃です。

「包茎が悩んでる人」も「出会いがない人」も、ちょっと勇気をだせば良いことがいっぱいあります。

Aさんと合わなければ手術をしていたかどうかもわかりません。

あの時、出会い系サイトを利用してよかったなと心から思います。

おすすめの出会い系アプリ

出会い系アプリを初めて使う方はPCMAXR18がおすすめ!

日本で一番会員数の多い、いま一番出会えるサイトです。

24時間体制のセキュリティ管理のおかげで安心して利用できるので、初めて出会い系を使う人にぴったりです。

サクラも業者もいないのでリーズナブルに利用できますよ(無料ポイント1,000円分もらえます)

国内会員数NO1のマッチングアプリPCMAXR18)を試す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です